ユーザベース本選考エントリー

こんな学生におすすめ!

・20代で新規事業開発を推進できるメガベンチャーに興味があり、サイバーエージェントやDeNAなどを受験予定の方
・長期インターンや起業などのビジネス経験を活かしたい方
・若手のうちから圧倒的なビジネス経験を積み、一気に成長したいと考えている方

ユーザベース本選考 FRONTIER特別推薦枠 エントリーフォーム

FRONTIER限定特典

①FRONTIERメンターからの選考対策(本選考一次面接前に専用ワークシートの添削を行います)
②ゆーつの選考対策会に参加可能
③選考カットあり

*推薦可否の審査あり
*既に本選考へエントリー済みの学生はエントリー不可

FRONTIER推薦枠でエントリーいただくためには、FRONTIERへの入会が必要です。

「経済情報で、世界を変える」

経済情報を軸に、グローバルリーディングカンパニーを目指す

ユーザベースは、「経済情報で、世界を変える」ことをミッションに掲げ、2008年に設立。「世界中のビジネス情報をテクノロジーと専門家の力で整理し、ビジネスパーソンの生産性を高め、創造性を解放する事で世界に変革を起こしたい」という志をもって、B2B、B2C両面でのサービスを複数開発・運営している。

世界で勝負するサービス、「SPEEDA」「NewsPicks」

世界200ヶ国以上、500万社をカバーした企業の財務・株価データや3000以上の業界レポート、さらに様々な市場規模データや150万件以上のM&A情報、10万系統以上の統計データ、2000媒体以上のニュース、企業のあらゆる開示資料・決算情報などあらゆる経済情報がワンストップで取得できるのが「SPEEDA」だ。今では3大戦略コンサル全社導入、メガバンク全行導入、5大商社全社導入、5大証券全社導入、日本の時価総額トップ100社中6割が導入するなど、調査分析サービスの領域では圧倒的なポジションを築いている。一方で、法人向けサービスで圧倒的ポジションを獲得したユーザベースが次に挑んだのが、ソーシャル経済メディア「NewsPicks」だ。国内外の経済紙を網羅的に閲覧できるだけでなく、NewsPicks編集部によるオリジナルコンテンツも閲覧可能。各界の著名ユーザー(ピッカー)が記事に投稿したコメントを通して、多角的にニュースを読み解くことができる。最高コンテンツ責任者(CCO)には「東洋経済オンライン」の元編集長・佐々木紀彦氏。有料会員向けサービスのほかにも、アカデミアなど体験コンテンツとも連動しビジネスモデルを多角化。米経済メディア「Quartz」を買収したことで、グローバル展開も一気に加速している。

異能が活躍するオープンなカルチャー

コンサルティングファーム・外資系投資銀行・総合商社などで経験を培った、優秀な社員が数多く集うユーザベース。香港・シンガポール・上海・スリランカにも拠点を構え、アジアで急拡大を遂げている。「経済情報で、世界を変える」というユーザベースのミッションをそのままに、創業時から狙うはグローバルなマーケットだ。そして、ダイレクトに、率直に、フェアに対話するオープンコミュニケーションを大切に、互いの強みを最大化させ、弱みを補完しあう文化だからこそ、さまざまな異能が活躍している。

goodfindより引用

TOP