難関企業内定者が使っていた!おすすめ就活サービス一覧

※記事の中にプロモーションを含みます。

みなさんこんにちは、FRONTIER運営です。こちらでは難関企業に内定した先輩方が使っていたサービスを厳選して紹介いたします!ぜひ参考にしてみてくださいね。

  • OB訪問マッチングサービス
  • 自己分析深掘りサービス
  • 性格テスト診断サービス
  • 特別スカウトサービス
  • 内定者ES閲覧サービス

OB訪問マッチングサービス

OB訪問できる社員を見つけられるサービス。ほとんどの難関企業内定者が利用している。とにかく数をこなしたい場合には必須。

ビズリーチキャンパス

大手企業のOB訪問サービスでは圧倒的にNo1でOB訪問シーズンではほぼ全ての就活生が利用する。OBがある程度在籍している上位の大学のみが対象となっており、企業としても採用活動の一環として公式に導入しているものなので、OB訪問の評価報告が人事部に上がる場合もある。

ビズリーチ・キャンパスが「オンラインOB/OG訪問」を開始

自己分析深掘りサービス

キャリアアドバイザーが自分では気づかなかった観点から自己分析を深掘りしてくれる。面談時には自己分析を手伝ってほしいと直接伝えるのがおすすめ。企業や就活イベントへの参加を勧められる場合もあるが、もちろん興味がなければ参加する必要はない。


SNS就活

こちらも手厚く自己分析を手伝ってもらえる上、ES添削や面接練習も熱心にサポートしてもらえる。

性格テスト診断サービス

サービス内で性格診断テストが受けられるのが大きな特徴。面接官の手元にある自分の診断結果を、自分自身が理解して相手にどのような性格だと思われているのか想像して面接に臨むことが重要。

Lognavi

性格診断が便利。企業からのスカウトもあり。

特別スカウトサービス

企業から直接スカウトが受けられる。効率的にエントリー企業を増やしていけるので積極的に活用していきましょう。

OfferBox

新卒のオファーサービス最大手。 有名企業からのオファーも多く来るため入れておきたい。

ABABA

「最終面接落ち」の情報を元に企業からのスカウトが得られる。「〇〇の最終面接まで進んだ」という優秀さが担保されるため、企業側からは強めのスカウトとなる。

内定者ES閲覧サービス

内定者のESが見られるサービス。通過者のESを研究して構成やフレーズをパクっていきましょう。

unistyle

過去のESを閲覧できる代表的なサービス。


TOP