レバレジーズ選考エントリー

こんな学生におすすめ!

・20代で新規事業開発を推進できるメガベンチャーに興味があり、サイバーエージェントやDeNAなどを受験予定の方
・事業経営に興味があり、総合商社やコンサルBIG4等を受験予定の方
・海外での事業に携わりたいと考えている方
・若手のうちから圧倒的なビジネス経験を積み、一気に成長したいと考えている方

レバレジーズ選考 FRONTIER特別推薦枠 エントリーフォーム

FRONTIER限定特典

①面接FBを共有(面接通過者のみ)
②FRONTIERメンターからの選考対策(本選考一次面接前に専用ワークシートの添削を行います)
③ゆーつの選考対策会に参加可能
④選考カットあり

*推薦可否の審査あり
*既に本選考へエントリー済みの学生はエントリー不可

25卒:本選考受付終了
26卒:サマーインターン受付中

FRONTIER推薦枠でエントリーいただくためには、FRONTIERへの入会が必要です。

レバレジーズグループについて

創業から事業ポートフォリオ戦略をとり、さらにグループ経営により、ベンチャーのスピード感を維持したままグループ全体の規模を拡大・成長させています。2005年にレバレジーズを創設以後、2015年には「レバレジーズキャリア(株)」、2017年にはエンジニア向けの人材支援をに担う「レバテック(株)」、その翌年には医療向けの事業所支援を行う「レバレジーズメディカルキャリア(株)」を設立。現在、国内外に28の拠点を構えています。


国・業界をまたいで事業を展開、若手に最大限の裁量を

「関係者全員の幸福の追求」という理念のもと、若手に最大限の成長機会を与え、創業から連続増益を遂げてきたレバレジーズグループ。創業わずか17年ながら売上高649億、IT・医療・介護・若年層を中心とした人材事業や、Webメディア事業、M&Aコンサルティング事業など、社会貢献を軸に様々な領域でこれまで30以上のサービスを展開。 2018年からは国外事業を拡大させ、インド、シンガポール、メキシコ…と2ヶ月で1拠点のペースで進出を果たし、各国での社会問題の解決に向けた事業開発を積極的に行っています。この先も社会の変化に応じて必要とされる領域で、社会的意義と広がりのあるビジネスを展開していきます。急成長のベンチャーでありながら地に足のついた事業を展開し、安定性の高い企業へと成長しています。

事業創造のプロフェッショナルが揃う、オールインハウス組織

 日本国内での事例がまだ少ない、事業開発におけるスペシャリストがすべて社内にいる環境。これがレバレジーズが誇る組織体系のオールインハウスです。グループには事業創造のプロフェッショナルが集結しており、事業造りにおいてはどこよりもスピーディで強い集団です。この創業以来培われてきた開発力、Googleも注目したマーケティングノウハウを融合させ、全てのステークホルダーとWin-Winの関係を築く事業を次々と展開しています。  また、営業、マーケター、エンジニア、デザイナー、事業企画、データアナリストなど、あらゆる職種のスペシャリストが全て社内に揃う多様性溢れるこの環境だからこそ、人を統括するジェネラリストや世界レベルのスペシャリストなど、自身の職能を縦にも横にも伸ばすことができます。

チャンスは一年目から、年次や経験に関係なくチャンスは平等に

 多方面にわたる積極的な事業開発・グループ経営を行うレバレジーズでは、まるで創業期のように新しいポジションが次々と生まれています。成熟・衰退期に入った大企業では、上位ポストが空かないために若手の成長機会が生まれにくいという問題が指摘されますが、レバレジーズでは、年間約10個の新規事業が誕生。規模やフェーズの異なるベンチャー企業が社内にいくつも存在しているイメージです。  またレバレジーズグループでは、日本全国への支店拡大、新規事業の創造、アジアを中心とした海外展開など、そのポジションや事業インパクトを短期間で一層拡大していく最中にあり、そこを担うチャンスは年次や経験に関係なく開かれています。若い人材に最大限の裁量をわたすことで、ロボットやAIの登場、移民の流入といった変化の波の中でも勝ち抜ける人材を長期的な視点で育成していきます。

外資系企業のようなカジュアルな雰囲気の中、自由度の高い働き方

 先制・再生医療など従来とは全く異なる分野への多角的な新規参入を図っています。市場を国内に限定せず、グローバル展開を進めており、シンガポール・メキシコにも拠点を開設。ユーザーと顧客企業に対してWin-Winの関係を築いていきながら、付加価値の高いサービスを展開しています。今後の戦略のキーワードとして、「これまでのノウハウを活かした新規メディアの創造」、「環境、医療ビジネスなど日本や世界のトレンドに対する解決策の提示」、「日本での成功モデルのグローバル展開」の3点を掲げ、未来のレバレジーズを創る段階に足を踏み入れています。

en-courageより引用

TOP